保育に関する様々な資格|採用のときに一歩リードする|医療事務講座で資格を取得しよう

採用のときに一歩リードする|医療事務講座で資格を取得しよう

ウーマン

保育に関する様々な資格

子供と女性

4年制で取れる資格

保育士の資格を取るには、保育専門学校に入学して2年間の修業年限を完了する必要があります。また、毎年行われる国家試験に合格するという方法もあります。しかし、ワンランク上の資格を取得するために、4年制大学で保育士の勉強をする人もいます。4年制大学で保育士の資格が取れるのは、主に福祉系、教育系の学部です。それらの4年制大学では、保育士以外にも、それに付随した幾つかの資格を取得することができます。保育の現場では、様々な人材が望まれています。保育の技術だけでなく、教育的なスキルや病児保育、障害児保育などの特殊性の高い技術が求められています。幼児教育や福祉系の学部では、その技術を詳しく学ぶことができるのです。

今後の保育に必要なもの

4年制大学で保育を勉強する人は増えています。その背景には、若者の福祉や教育に対する関心が高まっていることが挙げられます。そこで取得できる保育士資格は、幼児教育や障害児教育の資格の一部とも捉えることができます。そのような勉強をした人が保育の現場で活躍することもありますが、大半はもっと専門性の高い職場で働く道を選ぶことになります。レベルの高い勉強をして高度な資格を取った人材は、福祉系や医療系の最前線で活躍しています。通常の保育士とは一線を画す人材でもあります。しかし、保育の現場においても、そのようなスーパー保育士の存在が求められるようになりました。命を守る現場は、より高度な技術を持つ人材を求めているのです。